ART FACTORY TOMOKYO

ART FACTORY TOMOKYO


BEEMAX TA64セリカ 製作記4

さて、今期アニメが出揃った感じですが、ボディのデザインやらスクフェスやらプラモで相変わらずHDDに溜まっていく一方です。
今のところは安定の「アスタリスク」2期と「はいふり」がお気に入り♪ただ、難民勢としてはまだ観てない「三者三葉」に期待です。

そんなこんなで合間に作ってるセリカですが、今回はちょっと進みましたよw
前回どうするか悩んでいたボディカラーですが、最終的にファンデーションホワイトでコートしておきました。
やっぱりこっちの方がしっくりくる感じがします。
数日乾燥後ウレタンクリアを吹きます。
IMG_2440.jpg

以前はスジボリ堂さんで取り扱ってた10:1のウレタンを使用していましたが、取り扱いをやめてしまったようですので、今年からは2:1のSHに変えました。
結構シャバシャバなので10:1のウレタンと同じように吹くとすぐ垂れますw

IMG_2441.jpg
ボディ本体はデカールを貼る準備としてラッカークリア、シャーシとホイールはウレタンクリアを吹いておきます。

IMG_2462.jpg
実はホイールのデカールを貼る前にウレタン吹いちゃってちょっと後悔w
それとリアホイールのホイールナット部分に成形不良があり、ナットのセンターがずれちゃってますが当然スルーw

IMG_2463.jpg
シャーシにモールドされているエンジン部とマフラーはマスキングしてから塗装しますが、まぁこれがまた面倒・・・ウレタン吹いてあるのではみ出た部分はラッカーシンナーで落とせばいい!と言うことで結構適当なんですけどね~

IMG_2464.jpg
IMG_2465.jpg
随分あっさりなシャーシですが、とりあえず完成♪
久しぶりに真面目に作ったので結構時間かかっちゃいましたが、マフラーの出口をウスウス加工しただけで素組みですw

今回はここまで






スポンサーサイト

BEEMAX TA64セリカ 製作記3

前回の製作記から間が空いてしまいましたw

そこそこ真面目に作っていたんですよ・・ただ、期間中にμ’sのファイナルやらファイナルやらファイナルで遊びに行ってましたw
と言うことで、まずは・・・

~μ’sic forever~

そんなこんなで実際はそんなに作ってませんw

IMG_2434.jpg

まずはサフェーサーを吹きながらヒケや表面を処理していきます。
このキット、実際はどうなんでしょうね?キット化されていない絶妙なラインを攻めていく姿勢はいいことですが、もう少しだけ足りない所があるような気がします。
あくまで作り手の腕でって言われればそれまでなんですけどねw

文句を言っても完成はしませんので手を動かします。
いつもであれば、フィニッシャーズのファンデーションホワイトで下地を作った後にガイアのEXホワイトで仕上げる・・・というのがいつものスタイルなんですが、今回はガイアのEXホワイトのみを薄く数日に分けて吹き付けて仕上げてみました。
IMG_2439.jpg
画像では、どれぐらい白くなったかは伝わりにくいですよね・・
とりあえず白くはなりましたが、どうもイメージとは合わないようで、ファンデーションホワイトでオーバーコートしようか悩み中です。
塗膜のことを考えると厚く吹くことだけは避けたいのですが、どうしましょ??

そんな事悩みながら今回はここまでw

次回はファンデーションホワイトでオーバーコートした後にクリアでも(って吹くことに決めましたw)







BEEMAX TA64セリカ 製作記2

久しぶりの製作記ですw

前回のように各セクションごとに更新しようと画像を溜めていましたが、そうなると更新するスパンがかなり伸びてしまうことに気づいたので次回からセクションごとではなく、週1回もしくは2回程度更新していくようにしたいと思ってます。

っと言う理想ですw

さて、まずは仮組みから行っていきます。
昨年まではほぼ全てのパーツのゲート処理、パーティングラインの処理→仮接着を行って仮組みとしてきましたが、そうなるとどうしても時間がかかってしまいます。
そこで今年からは車高確認等の必要最低限の仮組みを行い、パーティングラインに関しては完成後に目立つ部分のみを行なう妥協製作でいきます!!

IMG_2412.jpg
IMG_2413.jpg
タイヤを取り付けるための駆動系パーツ、ボディと干渉しそうなロールバー、ダッシュボード、ドアの内張りを仮組みします。
初めて製作するBEEMAX製のキットですが、国産のプラと比べると若干柔らかいでしょうか・・?慣れの問題もあるかと思いますが、とにかく処理しにくいのと、パーティングラインが結構酷いですw

IMG_2414.jpg
ウインドーは外嵌めとなっているようなので、仮組みでは取り付けていません。
プロポーションは意外と悪くない感じで、しっかりTA64セリカになってます。

次にボディの下地処理。
IMG_2411.jpg
トランクとリアウイングの間にモールドがなかったので追加、あとは定番のパーティングライン処理とパネルラインの彫り直しを行っておきます。

IMG_2416.jpg
IMG_2415.jpg
研ぎ出しの邪魔になりそうなリベット、ボンネットフックは削り落としてマーキングのための穴を開けておきました。

それとトランクの給油口なんですが、塗装後に接着すると合わせ目がかなり目立ってしまいそうだったので、この段階で接着して処理しておきます。あとは塗装でなんとか誤魔化しましょうかねw
リアウイング上に盛大なヒケがありますが、その辺はサフ吹きながら整えていきます。

今回はここまで。







BEEMAX TA64セリカ 製作記1

IMG_2399.jpg

とうとう製作記を再開することにしました。
と言うのも、ブログでうpしないで製作するといつも以上に妥協してしまってモチベ保てないのです・・・
ただ、妥協する分完成まで2ヶ月かからないので気持ち的にはどっちもどっちなんですけどねw

相変わらずの素組み中級者モデラーの域は脱しておりませんが、少しでも参考になれば、そしてプラモ作ってみようかな?って思っていただければと思います。
そんなわけでこれからもお付き合い宜しくお願いします^^

製作記再開1台目はアオシマ監修のBEEMAX製のセリカです。
旬の過ぎたキットですが、大好きなラリー車!しかもセリカ!初めてのメーカー!ということで作ってみます。

IMG_2400.jpg
パーツ点数は多いわけでもなく、各モールド、ディティールもハッキリしてる感じが好印象♪
ただ、少しバリが多いような気もしますが、そこはいつもの下地処理で綺麗にしておきましょうか。

IMG_2401.jpg
フロントウインドーに気泡がorz
これはカスタマーに言えばなんとかなるかな・・・

IMG_2402.jpg
デカールのインストがカラーなのが嬉しいですね。
まだマルボロデカールとエッチングパーツを手に入れてないので購入しなければいけませんが、まずは次回仮組みからスタートです!!







« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
 
 
 
カウンター